更年期障害 頭痛 肩こり めまい 膝痛 腰痛 椎間板ヘルニア 坐骨神経痛 の治療なら

 

頭痛・めまいの話

 

 

HOME

はじめての方へ

カイロプラクティックとは

よくいただく質問

患者さんの声

施術のながれ

独自の治療法

トリガーポイント

皮膚運動学・皮膚ずらし

脳幹刺激

ストレス・リセット

湘南カイロニュース

病気・症状の原因

頭痛・めまい

腰痛・足のしびれ

肩こり・腕のしびれ

膝痛

神経・自律神経の働き

スタッフ・プロフィール

PAACのホームページ

前田先生のH.P

加茂整形外科医院

健太とジャスミン

ケンタとジャスミン通信

じろうたの休日料理

着付け教室のご案内

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

                               

                       頭痛とめまい 

             

 ズキズキ、ガンガン寝ても覚めても頭が痛い。

 

  薬を飲んでも消えない痛み。

 

  レントゲンやMRIの検査をしても異常なし。

 

  異常が無いのに何でこんなに頭が痛いの?

 

  と思われている方が多いのではないでしょうか。

 

  どんな症状にも原因はあります!

 

  頭痛の8割は血行障害、2割は神経痛的な痛み。                

  前者は筋緊張性と言われるものが多く、解りやすく言えば、

 頚椎の機能障害と首や肩の筋肉の凝りが原因です。

 

  筋肉が緊張する事で血管が圧迫されて血流が悪くなり痛みが出ます。

 

 ※皆さんも一度は経験があると思いますが、かき氷を食べて頭が

  痛くなった事ありますよね。

  冷たいもので喉が冷やされると脳に血液を送る血管が収縮し血流を

  悪くします。

 

  その結果酸欠になり前頭部やこめかみに痛みが出ます。

 

  これが頭痛のメカニズム。

 

  かき氷の代わりが頚椎の機能障害と首や肩の筋肉の凝りなのです!

 

  お解かり頂けたでしょうか。

 

 めまいも同様です。耳の三半規管が原因といわれている、

 メニエール病が有名です。

  

 メニエールかどうかは、耳鼻科で耳に空気を入れて

 めまいが起きるか検査をします。

 

 メニエールと診断されてもめまい止めが処方されますが、

 効かない方が殆どです。

  

 めまいがして、耳鼻科ではなく内科に行ってこの検査なしで

 メニエールかも 知れないとおっしゃる先生が多く、

 薬が処方されますが、めまいが治まらないと、

 患者さんの多くは脳神経外科を受診、頭の中は異常なし、

 でもめまいは治らない、こういう経験をされている方が多いのです。

 

 メニエールも他のめまいも、頭痛も頭に行く血流の問題が原因です。

 

 だけどマッサージやハリをしたけど治らない、と言う方が殆ど

 ではないでしょうか。

 

 乳酸と言う疲労物質が溜まる事によって凝りが起きています。

 

 この程度の凝りは乳酸が排泄されれば治りますから、体操・

 入浴・睡眠・揉んでもらっても楽になります。

 

 ところが頭痛や慢性の肩こり・めまい人はこのレベルではなく

 筋肉の緊張(収縮)が強く、揉んでも叩いても治りません。

 

 これは筋肉の正常な収縮を取り戻す治療が必要なのです。

 

 もっとひどい人はその筋肉が付着しいている骨格も動きが悪く

 なっているので骨格の機能障害も調整しないと治らないのです。

 

 後者の神経の痛みに関しても同様で、頚椎(首の骨)の関節から

 出てくる神経が筋肉の間を通り、頭や肩・腕に走行しています。

 

 頚椎の関節機能障害により神経の働きが悪くなり、

 痛み・めまい・しびれます。

 

 原因が根本から解決しない限り頭痛・めまい治りません。

 

 いつまでも薬に頼らなければなりません。

 

 1日も早く症状の無い健康な身体を取り戻しましょう!

 

      首が硬くなるメカニズム・姿勢で首の動きが変わる。

            あなたもやってみて下さい。

  @AB

 @背中を丸くした姿勢で上を向くと、硬くてこれしか動きません。

 A背中を伸ばした姿勢でを向くと、ここまで動くようになります。

 Bさらに胸を張り肩甲骨を背中で寄せる姿勢だと、こんなに動く

  ようになります。

  家事・デスクワーク等など日常生活ではこの姿勢が多いいですよね。

 Aの姿勢が正しい姿勢としたら普段は丸くしている姿勢がほとんど、

 Aの姿勢すらしてないことが多いのにBの姿勢はまずしないですよね。

  体操やストレッチなら右をやったら左、前に曲げたら後ろに動かし

  ますが、日常生活はAの姿勢も無ければ@に近い姿勢ばかりです。

  坐っているときは背中を伸ばし続けるのは無理、背中を丸くしている

  姿勢をしていても、@の姿勢を長くしている時は(テレビやパソコン

  など)できれば30分位に1回行ってください。

  この時、首は上を向かず、胸を張り肩甲骨を背中で寄せる姿勢だけ

  やってください。

 Bの姿勢をすることで背骨や筋肉を動かして、首を硬くしないように

  予防しましょう。