更年期障害 頭痛 肩こり めまい 膝痛 腰痛 椎間板ヘルニア 坐骨神経痛 の治療なら

 

よくいただく質問 

 

 

HOME

はじめての方へ

カイロプラクティックとは

よくいただく質問

患者さんの声

施術のながれ

独自の治療法

トリガーポイント

皮膚運動学・皮膚ずらし

脳幹刺激

ストレス・リセット

湘南カイロニュース

病気・症状の原因

頭痛・めまい

腰痛・足のしびれ

肩こり・腕のしびれ

膝痛

神経・自律神経の働き

スタッフプロフィール

PAACのホームページ

前田先生のH.P

加茂整形外科医院

健太とジャスミン

ケンタとジャスミン通信

じろうたの休日料理

着付け教室のご案内

 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

          よくいただく質問

 

 Q.鍼をしても一時的だったり、効果なかったのは何故?

 

 A.多くは凝りや痛む筋肉に鍼をします。

 

   筋の緊張が原因で症状が出ているのであれば効果は

      ありますが、関節の機能障害が原因のコリや痛み、

      神経の働きが悪くなって症状が出ていれば症状は

      改善しません。

 

   それはいくら筋肉に鍼をしても関節の機能障害を調整する

   ことはできないからです。

 

   関節は手で動かさなければ動きません。    

   鍼では動かないのです。

 

 Q.マッサージなどを受けてその時は楽になるのですが、

   またすぐに元に戻ってしまうのは何故?

 

 A・それはただ、筋肉を揉んだり押したりして血行が良くなり、

   溜まった乳酸という疲労物質がとれただけで、凝りの原因

   である筋・筋膜に出来たシコリ・硬結が取れていないから

   です。

 

   正しい筋肉の治療(筋・筋膜療法やトリガーポイント療法)

   で原因を解決しなければなりません。

 

   また、筋肉は関節をまたいで骨と骨に付いています。

   肩こりや腰痛に関係のある筋肉の多くは背骨に付いてい

   ます。

 

   関節の機能障害が生じると、そこに付いていた筋肉が引っ

   張られたりストレスがかかります。

 

   関節の位置が元に戻らないと、筋肉は引っ張られたまま

   なので筋肉が緊張してしまい、再び凝りが生じたり痛みが

   起こったりします。

 

   それと、神経の働きが悪くなっている事も考えられます。

   関節の機能障害が起きると椎骨の間から出てくる神経の

   働きを悪くし、その神経が支配している筋肉が緊張した

   ままで緩むことが出来なくなります。

 

   神経の働きを回復させない限り、筋が緩むことは

   ありません。

   だから元に戻ったように感じるのです。

 

 Q.症状がなくても関節の機能障害はあるのですか?

 

 A.多くの方が存在していると思います。

 

   例えば機能障害のレベルが10段階あるとします。

   

   レベル5で凝り、6で痛み8でシビレ、10で麻痺が起きる

   とします。

   

   つまりレベル1〜4の方は症状がないだけで機能障害が

   存在しているのです。

   

   正常ならばレベル0ですが、生活をしていくうちに身体は

   多くの負担を受けます。

 

   仕事をしている方なら、力仕事・立仕事・パソコン・運転・

   長時間座っているなど当たり前の作業で多くの負担が

   かかります。

 

   主婦の方なら、土・日関係なく365日、休日なしで炊事・

   洗濯・掃除など全てを一人で こなさなくてはなりません。

 

   スポーツをしている方なら、相手とぶ つかったり、

   利き手などで左右どちらかに偏った運動しています。

 

   子どもたちは、しりもち・転ぶなどで外傷性の機能障害を

   作りやすいし、テレビゲームなど小さいうちからでも姿勢が

   悪く、身体に負担のかかる要素は多くあるのです。

 

   その他に、足を組む・片側に重心をかけて立つなど生活して

   いる上で持続的不良姿勢の積み重ねでも機能障害ができて

   しまうため、機能障害を作らないことはほぼ不可能なのです。

 

 Q.放っておくとどうなるのですか?

 

 A.そのうち症状が出る可能性があります。

 

   先ほど機能障害のレベルを10段階に例えました。

   痛みのある人は0からいきなり6になって痛みが出たわけ

   ではありません。

 

   人によっては多少違和感があったけれど病院に行くほど

   辛くはないと放っておいたりしていませんでしたか?

 

   0〜4までは症状を感じないわけである日突然症状が出た

   急性の場合でも、実はいつ症状が出てもおかしくない限界

   の状態になっていたのです。

 

   各内臓に関係ある背骨の神経の働きが悪くなれば、

   内臓症状が出始めるかもしれません。                           

  Q.ボキボキする痛い整体・カイロにも行ったけど効果が

    無かった。湘南カイロとどこが違うの?

 

 A.アメリカでカイロが誕生して100年以上が経ちます。

 

   昔はボキボキやる治療が主流でしたが、現在までに数多くの

   無痛で安全、しかも効果的な治療法が開発されました。

 

   どの治療法を使うかは先生方次第なんと、本場アメリカでの

   カイロプラクティックの国家試験はいまだにボキボキやる

   テクニックです。

 

   ところがこのテクニックは危険とみなされ、臨床では

      使えない州もあるのです。

 

   日本では十数年前に当時、厚生省から、頚椎の伸展・

   回転矯正(ひねってボキ)は危険なので禁止するとのお達し

   がありました。

   (それ以降に学んだり、開業した先生方は知らずにやり続け

    ているかもしれませんのでご注意を!)

 

    どんな業種でも日々切磋琢磨して技術の向上を図り、

    新たな研究・開発に勤しんでいます。

 

       カイロとて同じことです!

 

    私が30数年前にこの業界に入った頃は、ボキボキやる

       のが一般的で全身の関節をボキボキ鳴らして施術をして

       いました。

 

    ところが、良くなる方と良くならない方がいて、良くなら

       ない方は何故だろうと考えた結果、1つのテクニックに

       執着する のを辞めました。

 

    数々の学校やセミナーでテクニックや理論を学び、

       それまでの大雑把な検査や施術では発見できない原因や

       調整できていない関節がある事が解り、今までより早く、

       そして多くの症状に効果がありました。

 

    色々な手技療法を勉強したお陰でこの事に気づいたのです。

    カイロといっても皆違うのです。

                    

 Q.病院でもらったシップ・鎮痛剤も効かないのは何故?

 

 A.鎮痛剤が効く位の痛みなら軽症、飲み薬も胃が悪くなった

      りするので痛みを止める限界があります。

 

   胃を通過させないで直接腸から吸収されて胃の負担が無く

      効果が早いものが坐薬です。これにも限界があり、次が注射

      そして神経に直接鎮痛剤を打つブロック注射があります。

 

      ですがどれも痛みを消す為のもの、骨格の機能障害(原因)が

      治っていません。

 

   例えば、虫歯で歯が腫れて激痛に見舞われる。そんな時、

      鎮痛剤が効く人は軽症。でもたいがいは夜も寝れない位

      痛いですよね。

 

   鎮痛剤で痛みが消えても虫歯が完治した訳ではありません。

   薬が切れたら痛み出す、薬が効かない人はなおさら虫歯を

      治さなければ痛みは止まりません。

 

      痛みは虫歯が原因だからです。

 

   患者さんが治療中に「先生、家で早く良くなるために何か

      出来る事、ストレッチ・水泳・ヨガなど、はありますか?」

      と、よく聞かれます。

 

   私は、「虫歯があって治さないうちに歯磨きを一生懸命して

      も虫歯は治らないですよね。

 

      完治したら正しく歯ブラシをすることで予防になる、

      だから今は原因を治してしまうことが先決で、

      日常生活が普通に出来るようになったら、

      予防と健康増進にやるといいでしょう」と答えます。

 

   運動としては出来れば人間は二足歩行の動物、

      歩くのが基本です。

 

   現代人の移動は飛行機・電車・車・などで歩行不足になり

      がち、1日最初は15〜20分毎日しなくても1日おき・週に

      回位から無理なく始めましょう。

 

 Q.関節の機能障害は病院では解らないの?

 

 A.関節の機能障害というのは、本来正常に動いている関節

      が動かなくなっている状態(固着・ロック)で神経の働きを

      悪くして います。

 

   現代医学には関節の機能障害という概念はありません。

 

   病院の一般的な検査はレントゲン・CT・MRIなどです。

 

      静止した状態で撮影するこれらの検査は写真で言えば

      記念撮影みたいなものです。

 

      骨折、脱臼、変形、奇形は解りますが、それ以外のものは、

      レントゲンやCT・MRIでは解らないのです。

 

      病院にいくと、患者さんを診る前にレントゲンやCT・MRI

      を撮り、患部を診たり触ることなく画像を見て診断している

      ケースが多いと思います。

 

   筋肉の硬いか軟らかいか、凝りや張り・こわばり、炎症で

      腫れているかどうかは直接触ってみなければ解りません。

 

    関節が動いているか動いていないかも実際動かしてみな

      ければ解りません。それが解るのは手技だけです。

 

 ★加齢、更年期だからと言われて諦めてはいませんか?

     

 65歳を過ぎると加齢によるものだから、うまく付き合って

 いきなさい。

 

 レントゲンをとっても背骨は潰れ変形しているし、椎間板は

 薄くなっているのでこれで痛いのでしょうと言われますよね。

 

 でも高齢な方で運動や旅行と元気な方は沢山いますよね。

 この方々の背骨や椎間板もレントゲンを撮れば皆同じように

 潰れ変形して薄くなっています。

 

 顔のシワ(皮膚の老化がシワ)と一緒で、年をとるごとに組織

 の老化は誰にでも起きることなのです。

 

 症状の無い方でもある程度の年齢になれば骨がすいて

 (大概、骨粗しょう症と言われます)椎間板も狭くなります。

 

 変形性脊椎症、分離症、すべり症、椎間板ヘルニアと言われる

 状態の方は症状の有る無しに関わらずいるのです。

 (骨の老化が変形性脊椎症・ 骨粗しょう症など)

 

 では何故、痛い人と痛くない人がいるのでしょうか?

 

  それは上記のような原因が痛みを出しているのではなく、

 関節の機能障害や筋肉の過緊張が原因だからです。

 

 関節の機能障害、筋肉の過緊張を調整することにより、

 神経機能働きを正常にして、原因を根本から治しましょう。

 

 ★更年期と言われて諦めていませんか?

 

 中高年の女性は検査で異常が無ければ、大概更年期!

 

 でも、更年期が無い人も沢山います。(腰痛に限りませんが

 なんでも更年期で片付けられていませんか?)

 

 更年期にでる症状の多くは更年期が原因ではありません。

 

 肩こり・頭痛・各部位の痛み・シビレ等などがありますが、

 子供でも高齢の方・男性でも有りうる症状でもあるし、

 閉経時の女性ホルモンの異常で起きている症状ではないのです。

 

 必ず原因(関節の機能障害による神経の働きの低下)があり

 ます。

 

 殆んどの方が病院で特に原因が見当たらず、ホルモンの検査なし

 で、場合によってはカルテの年齢を見て更年期ですねと言われて

 いませんか?

 

 更年期独特の症状は冷えのぼせ、フワフワしたり、

 頭に霞がかかったようなモヤモヤ感があります。

 

 もし女性ホルモンの異常で起きているのなら婦人科に行って

 ホルモン検査をしてもらい女性ホルモンが不足していたら、

 女性ホルモンを処方してくれます。

 

 そうすると波が引くように症状が消えていくはずです。

  

 ★痩せなさい、体重を落とさないから負担がかかる。

   そんな事言われていませんか? 

 

 200kg近くあるお相撲さんは皆、腰痛?

 

 それでは痩せている人は皆、健康?そんな事は無いですよね。  

 

 ★検査をしたけど、こんなに痛いのに異常なし。

 

 痛いのに異常が無い訳ありませんよね。

  必ず原因はあるはずです。

 

 ★運動不足と言われていませんか?

 

 運動不足?そんな事言ったら殆どの人が運動不足!

 それにあんな鍛えてるスポーツ選手でも故障しますよ。